年齢別の子どもあやし方

子どもは泣くものです。
無意味に泣いているように見えますが、本当は子どもなりの様々な理由があるのです。
保育士でそのクラスの担任になると
もちろん毎日のようにそんな場面に遭遇しますよね。

子どもの泣きは年齢によって理由は様々です。
そこで今回はそんな年齢のあやし方についてご説明しましょう。

“年齢別の子どもあやし方” の続きを読む

5歳児のクラス担任になっちゃった!!5歳児遊び方・接し方マニュアル

最年長クラスということで、成長や課題など全てのことが終結に向かわなければならない1年です。
行事も沢山あり、息つく暇がありません。そんな5歳児のクラスを受け持つ保育士は仕事も倍増するので大変です。おまけに子どもの遊びも高度になりますから接し方も変わってきます。そこで今回はそんな5歳児の遊びや関わり方についてご説明します。

“5歳児のクラス担任になっちゃった!!5歳児遊び方・接し方マニュアル” の続きを読む

4歳児のクラス担任になっちゃった!!4歳児遊び方・接し方マニュアル

4歳児という年齢は身体は大きくなっていますが、
まだまだ子どもの部分もあるころです。
そんな時の接し方というのは時に難しいことがあります。
さっきまで大人のようなことを言っていたのに
いつの間にか、だだをこねることもしばしば。

遊び方もまだ保育士が援助する必要があります。
そこで今回は4歳児の遊び方・接し方についてご説明しましょう。

“4歳児のクラス担任になっちゃった!!4歳児遊び方・接し方マニュアル” の続きを読む

保育士ならこうする!イヤイヤ期の子どもへの5つの上手な接し方

イヤイヤ期の子どもは自分の意思が出てくる頃。クラス全体がまとめにくくなったり、保育士にとっても保育の仕方を考え直す時期です。何をしても、どんな言葉掛けをしても「イヤ」と言われてしまうと接し方に困ってしまいますよね。
そんな子どもも接し方次第で保育をスムーズに進めることができます。イヤイヤ期真っ盛りの2歳、3歳の子どもへの正しい接し方を5つご紹介します。ぜひ日々の保育に役立ててください。
“保育士ならこうする!イヤイヤ期の子どもへの5つの上手な接し方” の続きを読む

保育士3年目のこと、7年間働いた私の経験

1年目は2歳児、2年目は4歳児、そして3年目は3歳児になりました。
あっという間の3年目。
石の上にも3年というように短大でも教わってきたので、失敗や甘えは許されないとこの年数がプレッシャーに感じて自分を追い詰めてしまうこともありました。

“保育士3年目のこと、7年間働いた私の経験” の続きを読む

保育士の複数担任の難しさとうまくやっていくコツ

保育士の多くは、複数担任でクラスを持つ人が多いと思います。2人組も居れば、4人など多くの保育士との複数担任もあり、保育士の数が多ければ、人間関係を築いていくのも大変です。その半面、子どもに向ける目や手も増えるので、上手く回せれば複数担任は、効率が良く、なによりも、相談しながら保育が出来る心強い仲間になります。

“保育士の複数担任の難しさとうまくやっていくコツ” の続きを読む

新人保育士と一緒に働くときに大切なこと

働いていくうえで、最初は新人でもいつかは先輩へとなっていくものです。その時、自分がしてもらったように新人にも指導していきます。保育士の場合短大・4大卒、また社会人として他で働いていたところから資格を取得し、保育園に職員として入ってくる様々な手段がありますから、年齢は自分より上だったり、同い年の新人が入ってくることもあります。そんな時にどう関わっていけばよいのか、より良い関係を築きながら指導していくにはどうしたらよいのかをご紹介します。

“新人保育士と一緒に働くときに大切なこと” の続きを読む

新人保育士の人間関係で気を付けるべきこと

保育士が新人として働き始めるころは、毎日緊張し、慣れるまでは大変です。覚える事もたくさんあります。子どもと関わるよりも、雑務の方が多かったりと、こんなはずじゃなかったと思うこともあります。人間関係でも悩みもあることでしょう。でも、保育士になれば、みんなが通る道なので踏ん張って頑張ってください。

“新人保育士の人間関係で気を付けるべきこと” の続きを読む